禁煙にチャンピックスが有効な理由

禁煙にチャンピックスが有効な理由を知るためには、まずはどうしてタバコを吸うと禁煙するのが難しいのかを知る事が大切です。
タバコを吸うとなかなか止める事が難しいのはどうしてなのかというと、その中に含まれているニコチンが大きな理由となっています。
タバコを吸うとニコチンが体内に取り込まれますが、それが脳内のニコチン受容体と結びつきます。
受容体と結びつく事によってドーパミンが放出され、このドーパミンが快感をもたらしているのです。
所がニコチンが切れると禁断症状が現れてしまうので、再びタバコを吸う事で体内にニコチンを取り入れて、ドーパミンを放出させたがるのです。
チャンピックスが登場する前の禁煙の方法としては、タバコの代わりにガムやパッチを用いて少量のニコチンを摂取する事によってタバコを吸うのを止めた際の禁断症状を軽減させるというものでしたが、チャンピックスの場合はニコチンを用いずに治療効果があり、成功率も今までの方法よりも高い画期的な方法であると言われています。
チャンピックスは服用する事でニコチン受容体と長時間結びつき、タバコを吸う事で体内にニコチンを取り込んでもニコチンがと結びつく受容体が既にチャンピックスと結びついているのでドーパミンを放出しなくなります。
そうするとタバコを吸っても快感を得られなくなるので、タバコを吸いたくなくなってくるのです。
そしてチャンピックスの服用を続けていれば、だんだんとタバコを吸いたいという気持ちが無くなってくるので禁煙に成功するという訳です。
必ず禁煙に成功するという訳では無く、自分自身でも禁煙したいという気持ちを強く持つ事は大切ですが、それでも従来の禁煙の方法と比べるとかなり高い成功率となっています。